心質改善プログラム 体験感想  30代女性
 
aisatsu_arigatouあけましておめでとうございます、○○です。
昨年は大変お世話になりました。
 
今年も自分や自分の周りで起こる事について前向きに考え、取り組んでいけたらいいなと思います。どうぞよろしくお願いします。
 
今回の感想ですが、最近嫌なことがあっても自分で昇華できるようになってきたかな…というのが感想です。
 
「彼」が大切なのはもちろんなのですが、それに対しての執着をコントロールできるようになってきたかな…といった感じです。
 
今までの私なら、「飲みに誘われるのを待つ」→誘われない→それでも待つ→結局誘われない→失意のまま帰る…といった感じだったのですが、それに対しても期待しつつ、他の楽しみを保険としてかけておく…といった方法を学びました。
 
「自分の気持ちを良い状態に保つ」術が分かってきた…といった感じです。
 
どうも私は「自分の気持ちを良い状態に保つ」ことに対して意識を払っておらず、「状況をありのまま受け入れ ることが正しい」であったり「気持ちに保険をかけるのは卑怯」だと思っていた節があるのです。
 
hirameki_woman自分が良い状態でいると心に余裕ができ、余裕があるからこそ人にも優しくなれるのだろうと思いました。
 
ただ、この「自分の気持ちを良い状態に保つ」ためには、意識して行わないとできないのだと思いました。
 
大体の人は、本来マイナスに物事を考えがちで、特に私はその代表たる人間だと思います。
 
「物事をマイナスに考えないでおこう」と思っても、感情と理性は別物で、感情は中々いう事を聞いてくれません。
 
何もない状態で「良い方に考えろ」と言われても、それは土台無理な話です。
 
ではどうすれば良いのかというと「 物理的に保険(自分の好きなこ と)をかける 」ということです。(ごまかしと言われればそれまでですが…^^;)飲みに誘われなかったとしても、チケットを買ってしまえば行かざるを得ないといった感じです。
 
果たしてこの方法でいいのかは分かりませんが、強制的に保険をかけることによって、私の心が救われているのも事実です。
 
そうすることで興味の幅も広がり(料理教室など)楽しみも増えました。こうやって「彼」以外の拠り所を増やしていくのも大事なことかなと感じました。
 
 
今回の感想でした。半年の振り返りはまた後日送らせていただきます。
 
 
136300講師からのメッセージ:
 
保険をかける」という方法は、心質改善プログラムでいう【置き換え法】とよく似ているのですが、とても良い発想だなぁ~♪と感心してしまいました^^
 
ごまかしなどではなく、実際に「行ってよかった」と思えたこと等、お話を聞いていても、気持ちの充実感からココロはちゃんと満たされていると思います。
 
実際にどんどん良くなっていってますよね?その調子で今年も良い状態を保ち続けてくださいね!
 
いつも講座内での良さ気な内容を「お役に立てれば!」と、積極的にまとめて提出してくれるので嬉しいです。今年もよろしくお願いします(^_-)-☆