あなたの復縁方法のタイプは?

復縁の方法は、いろいろあります。(男性の場合は立場を入れ替えてお読み下さい)
お二人の状況によって解決方法がそれぞれ変わってくると思いますが、今回はこの2種類の対処法をお伝えします。

●彼(彼女)に迷いがある場合

彼も迷っている。本気で冷めてしまったわけではない。
本当は別れたくないけれど、顔を合わせると喧嘩したり、すれ違いばかりで疲れてしまい、距離を置こうと苦渋の選択をした等

●彼(彼女)が本気の場合

いろいろ努力や我慢はしてみたものの、限界を通り越している。本当に疲れきっていて、顔も見たくない、距離を起きたいと心から思っている 本気で別れを告げられた場合等

同じ復縁を願うのでも、この2つのパターンでは大きく違います。行動一つで、すんなり修復できたり、更に悪化させてしまうこともありますよね。

point11_6 本気かそうでないかの見分け方は、お二人の関係性云々によっても違いますから、あくまで参考でのお話となりますが「一度素直に謝ってみる方法も一つ」です。意外とそれで、修復できてしまうことも多いからです。お互いの思い込みから思わぬ悲劇を招くこともあるので、手遅れにならないよう早めにアプローチしてみてくださいね。




修復の可能性が高くても、まずは冷却期間を置いてみましょう。

1つ目の場合は、冷却期間を少しおいたり、あなた自身の対応が少し変われば、修復は十分に可能な状態ですよね?とはいっても、注意点がいくつかあります。

ここを慎重に行わないと、せっかく復縁の可能性が高いのに、自らそのチャンスを逃してしまわないとも限りません(–) こういう時はつい、焦ってしまいがちですが、こんな時こそ冷静に対処してみてくださいね。

彼からの連絡は素直に受け止め、即効対応しましょう

会いたいと思っても、自分からは連絡をしないことです。(もし彼から連絡があったら、すぐに対応しましょう)冷却期間を置くことで彼も冷静になり、あなたが恋しくなって連絡をしてくるかもしれません。その時は、過去は水に流して、彼を受け止めてあげてくださいね。

復縁までの準備期間にしておくこと

あなた自身も、再度彼のことを見つめなおす良い機会です。傍にいすぎて見えなかった彼の必要性を、ひとつひとつ想い出して確認していきましょう。彼はあなたに何をしてくれましたか?

彼と本当にやり直したいなら、お互いに譲り合いも必要ですから、冷静な立場でもう一度ちゃんと話し合ってみるのは、とても重要です。どうしても譲り合えないところはお互いどこまで妥協できるのかを冷静に話しあえば、お互いの大切さを知った今なら、かなり違うと思いますよ。

長く付き合えば付き合うほどに、相手の存在が当たり前になってきて、優しささえ、有り難みを忘れしまうこともあるかもしれません。少し距離を置くことで、冷静にもなれますし、相手が傍にいないことで初めて大切さが見えてくることもありますよね?

point11_6 お相手に対しての気持ちを「リフレッシュ」できたら、その時が、改めて向き合ってみる良いタイミングだと思います^^

少し長くなったので、続きは「恋人と復縁する為の2つの方法 その2」をご覧ください