20代30代の女性に増えている更年期症状

投稿者:Mary

50歳前後の女性によく見られる症状として知られている更年期障害ですが、最近では20代30代の若い女性にも似たような症状が現れはじめているそうです。

そこで本日は「若年性更年期障害」についてまとめてみました。


通称「若年性更年期障害」

原因

s-480827過度のストレス・無理なダイエット・冷えなどが主な原因となって卵巣の機能が低下し、ホルモンバランスの乱れから起こります。

ストレス

結婚・出産後も社会復帰することが多くなり、また男性と同じレベルの責任を伴う仕事を任されることで大きなストレスを抱え、卵巣機能に影響を及ぼします。

ダイエット

無理なダイエットを行うことで身体の栄養が不足しホルモンの分泌が減少します。

冷え

若い方の好まれる服装の影響により、身体が冷えて血行が悪くなります。
血行が悪くなると、卵巣の働きが悪くなります。

症状

長く続く頭痛・手足の冷え・ほてりなどの更年期障害と似た症状に加え、生理不順に現れます。

対策

症状が軽い場合は、日常生活を見直すことでいくらかは改善されるようです。

例えば・・
ストレスをなくすことは難しいと思いますが、うまく発散して軽減すること
服装はできるだけ肌を覆うものにして、身体を冷やさないこと
バランスの良い食事を心がけることなどです。

若年性更年期障害のまとめ

若年性更年期障害は卵巣が老化することが原因ではなく、多くは何らかの理由で卵巣の機能が低下して起こる症状です。

症状が長引くと悪化させてしまうこともありますので、自覚症状があるようでしたらできるだけ早く専門医に診てもらうことが大切です。

ストレス解消にカウンセリングが効果的

カウンセリングメニューと料金