離婚に至るまでの子供の心境を“体験者”が語る

離婚の悩みというのは、当人にしか分かり得ない迷いや葛藤、怒りや悲しみ虚無感など、状況の経緯や段階においての心境の変化もあり、簡単な問題解決とは行かない事と思います。

投稿者:受講生ミッチェル

a0001_013545

精神的な部分と、現実的な状況との折り合いも難しいのではないでしょうか。

離婚に至る理由は様々ですが、もし何らかの理由で、迷いがある。

その迷いの理由が「子供の為」

「子供がいるから離婚は出来ない」という状況で、辛い夫婦生活を送られている方。

そんな方に向けて、子供の立場としての目線から感じる事をお伝えしたいと思います。


私(カウンセリング受講生)が小学3年生の頃、両親が離婚をしました。

最終的に、母から面と向かって「お父さんとお母さん、離婚する」と聞かされた瞬間は、子供心に現実を突きつけられて、心がズキンと痛みましたが、どこかホッとした気持ちが強かったです。

これが本音です。

夫婦仲を修復していける気力と、歩み寄りの余地があるのならば「子供のために」と、お相手を許し歩み寄る覚悟をもって努力をされる選択もあります。

a0001_016416

ここで、まっさらな心に立ち戻って、見つめて頂きたいのは「自分が子供の犠牲となっている」という気持ちがないかどうか…。

子供は、自分のために親が我慢をして、愛のない両親のやり取りを肌で感じさせられる事ほど、傷つくことはありません。

ケンカを繰り返す日々を見せつけられる子供は自分の心が殴りつけられているような苦しみを味わいます。お互いの寒々とした、空気は敏感に感じ取ります。

決断の時期が先延ばしになればなるほど、子供の精神への負担も大きくなるのは、親の苦しみや不安が伝わるからです。

そんな状況の中で、経済的な理由や世間的な都合、離婚できない何らかの理由が「子供のために」という言い訳になっていないか?というところを純粋に、見つめて頂きたいと思います。

ご自身はもちろん、お子さんの今後の将来にかかわる決断なので、責任の重さを考えると悩みが深くなるのも、当然のことだと思うのです。

ただ信じて頂きたいのは、子供は親をよく見ていますから、親が自分たちにとって最善の決断をした。という清い姿勢を見せれば、どんな選択であっても理解できるものだと思います。

年齢によっての違いはありますから、子供の性格や精神状況によって配慮の仕方は違ってくるのですが、案外、それぞれの親の立場を冷静に理解していると思います。

子供の幸せ」を願う親の愛は、親自身の幸せがあってこそ、真に伝わるものだと思います。

その部分から目をそらさず、どのような決断をされるに至っても、最善の道はあるはずですので納得できる方向へと導かれることを願います。   

記事投稿:受講生さん

 
 
 

カウンセリングメニューと料金