更年期障害とは

002989更年期とは、卵巣機能がもっとも活発な『性成熟期』から卵巣機能が完全に停止する『老年期』までの、約10年間(40歳から55歳)のことをいいます。

更年期障害とは40歳を過ぎた頃から卵巣機能が低下し始め、更年期に差し掛かると、さらに急激に低下しホルモンバランスが乱れることで生じるさまざまな体の不調のことです。

更年期障害の原因

卵巣機能が低下することで卵巣から分泌されるエストロゲンが減少し、脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼすことで自律神経失調症が起こるといわれています。

また家庭環境や社会環境の変化からくる心理的ストレスが、大脳皮質-大脳辺縁系に影響を与えてうつや情緒不安定などの精神症状を引き起こすといわれています。

この二つの症状が絡み合い更年期障害の症状を複雑にしているのです。

更年期障害の症状

のぼせ、ほてりなどのホッとフラッシュ
夏でもなく、暑い日でもないのに、顔がほてる・頭がのぼせる・異常に汗をかくなどの症状。

冷え性  なかなか寝付けないくらい手足が冷える症状。その他、睡眠障害・めまい・むくみ・動悸・不安・憂うつ・記憶力減退・意欲低下などの症状が見られます。

flower05-003更年期障害の診断と治療

更年期障害の症状は、他の病気の症状と似ているので自己診断せず必ず専門医での受診をおすすめします。血液検査の結果、更年期障害と診断されたら投薬などの薬物療法が中心になります。


敏感になっている身体に副作用が気になる方は、和漢のサプリがおすすめです。

↑更年期、自律神経失調、エストロゲン、ホットフラッシュ、女性ホルモン、ざくろ

更年期障害との上手な付き合い方

ウォーキング・水泳・軽いエアロビクスなどの有酸素運動で、身体のバランスを整えたり、深呼吸をする・リラックスする時間を作る・趣味を楽しむ・ストレスをためないなどの、心のバランスを整えながら、生活習慣の改善をはかることもオススメです。

カウンセリングメニューと料金

更年期障害は若い女性や男性にも現れる

更年期の女性だけに現れる病気ではなくなってきて、若い女性や男性にも同じ症状が現れるそうです。

若年性更年期障害
20代や30代の女性に更年期と同じような症状が見られる状態をいいます。
ストレスが主な原因で更年期になるとさらに症状がつらくなることがあるといわれています。

男性の更年期障害
女性の更年期障害と同じ症状が、男性に見られる状態をいいます。
働き盛りで社会的にも責任を課せられる年齢から、ストレスが主な原因といわれています。

flower05-003 最近では更年期障害は、性別や年齢に関わらず起こりうることから生活習慣病といわれることもあります。身近にできることを生活に取り入れて上手く乗り切れるといいですね。

投稿者:Mary