子どもと親の絆

結婚をして子どもを授かり親になると、子どもが大人になり自立するまで面倒を見るのが親の責任です。

親の事情で、離婚をするときは未成年の子どもに対して、どちらかが親権者として育てていかなければなりません。離婚しても、どちらも親に変わりはないのですから、お互いに守ることが理想です。

投稿者:モカ

親権とは?

未成年の子どもがいる場合の離婚は、離婚届に親権者を記入する項目があるのですが、これは必ず、親権者を決めなければ、離婚はできないからです。どちらが親権を得るか決めるには話し合いで進めていきます。離婚に関する調停や裁判離婚に多い一つの原因が子どもの親権問題です。

裁判所からどちらが親権者になるかを審判や判決という形で決まりますが、一般的には子育てを中心に子どもとの関わり合いが多い母親が親権者になることが多いです。反対に父親が親権者になるケースもありますが、あくまでどちらを親権者とすることが子どものためになるかです。

親権は、親の義務や責任を果たす意味で、今までと同じように、教育をして守り育てていくことです。そして、子どもの財産を管理する義務もあります。

親権とは親の権利だと思われがちですが、子どもに対する親の義務や責任の規定があります。子どもが成長する過程で、親の影響が大きいですから、親権を得たら、子どもの教育や生活のために出来る限りの努力をして頑張っていくことが最も重要となってくるということになりますね。離婚相談をご希望の方