離婚の方法

(受講生さんの投稿)

夫(妻)に求めること・求められること ・離婚後の住居・収入 ・こどもの養育、養育費・親権 ・財産分与・慰謝料など

離婚後に経済的や子どもに関わることで後悔しないためにも、法的な知識を持っておくことをお勧めします。

離婚するにあたって、協議離婚・調停離婚・審判離婚・裁判離婚の4つの離婚方法があります。

離婚手続きの流れ[協議離婚]

協議離婚
離婚の話し合い→合意→離婚届出

①意思を伝え、話し合い合意を得る。
子どもがいる場合は、親権、養育費、
面接交渉権を決める。慰謝料、財産分与、年金のことなどを決める。
 
②離婚届に署名、捺印をする。
成人の証人2人の署名、未成年の子どもがいる場合は、親権者の決定など必要。
 
③離婚届、離婚届けに押した印鑑、身分証明書を持参し市町村役場に提出する。
 
(本籍地以外の役所に提出する時は戸籍謄本が必要な場合もあります。)
※離婚後に子供の姓の変更や入籍届などに戸籍謄本が必要になります。何通かまとめて交付してもらい用意しておくとよいでしょう。
 

協議離婚で合意の場合、離婚届を提出し受理されれば離婚成立

何も取り決めをしない場合や口約束だけでは相手から養育費慰謝料など受け取ることは難しくなってきます。

話し合いが必要で、決めるべきことは、公正証書や離婚協議書を作成してきちんと書面で残すことが大切です。

本人同士で協議離婚ができそうな場合でも、離婚後に約束と違う体験をしている方が多いです。

今では協議離婚でも専門の弁護士に代理人交渉を委任したり、経済的に余裕のない方は無料相談ができるものを見つけ利用しています。

離婚を決意し第一歩を踏み出したのですから、後悔を残さないためにもじっくり考えて行動に移しましょう。

相手の同意を得られない場合や話し合う機会を持てない場合は、家庭裁判所に離婚調停を申請します。調停離婚についてはまた書かせていただこうと思います。

投稿者:るるは

夫婦カウンセリング  夫婦関係の修復や改善、離婚でお悩みの方