people02-008心理学講座&性格改善プログラム 体験&感想文 40代女性 大阪

plant_monstera

麗令先生こんばんは(^^)今日もありがとうございました。

二時間に凝縮されたたくさんの気付きをいただき、充実した時間を過ごさせていただきました。

本日の受講感想文を送らせていただきます。

0-86

今日は相手軸になることが、コミュニケーション・スキルの中の1つだと教えていただきました。

相手軸になることで私の心のざわつきがなくなることもあり、相手軸になることはとても素晴らしいことなんだと思いました。

過去にわたしはむやみに相手軸になりすぎて自分を見失ったことがあります。

相手の心に合わせすぎて、気が付けば自分が何を思っているのかさえわからなくなってしまったことがありました。

そのとき私の出した答えは「相手軸になることは自分を傷つけることになる」ということでしたが、それは間違いだったと気づかせていただきました。

 

コミュ障を克服するために…特徴と治し方

122575

先生が出してくださる質問に答えながら、私は根本的な間違いをしていると思いました。

私のしていた行動は相手軸にたっていたのではなく、友達と思っていた相手に自分の意見を言えず、相手に迎合していたにすぎなかったということ。

その人のことを友達と言いながら、私は心を開いておらず矛盾した行動を起こしてしまっていたということです。

それは相手軸になるということではなかったのですね。頭が混乱するはずです。自分を見失うはずですね。

今日一つ感じたことがあります。

先生は私の写し鏡になってくださっている!と思いました。

先生とお会いして話を聞いていただきながら、いつのまにか先生という鏡を通して自分の心や姿が映し出されると思いました。

時には目を覆いたくなるような恥ずかしい自分の姿が見えたり、客観的に分析ができたりするのです。

先生のカウンセリングのおかげでどんどん私の中を掘り下げ、いらないものを省いていって私の心の奥にある「私の本当の心」に気づかせてくださるのです。

今日はそのおかげで、

・「相手軸になる」の正しい行動は他にあるということ

・心と行動が矛盾していたから自分を見失ったということ

・頑なに間違いを直そうとしない自分の姿  

が見えました。

明日からは、毎日がトレーニングだと思って次の気づきに向かっていきたいと思います。

また同じ間違いを繰り返すことの無いよう、新しい自分が定着するよう気を付けて過ごしたいと思います。

いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします(__)

 

コミュ障を克服するために…特徴と治し方(関連記事)

 

職場で居場所がないと感じている人の共通点とは