更年期障害と鬱症状に悩み、イライラが抑えられない

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s

先生、お世話になっております。大変遅くなりましたが、カウンセリングの体験談を書かせていただきます。
 
数年前から気分の落ち込みが激しく、自分ではコントロールがきかなくなっていました。
 
うつなのか更年期なのかわからず、病院に行くのも億劫で一人で抱え込んでいました。
 
最初のきっかけは、何かがあったわけでもないのに、突然涙がこぼれ止まらなくなりました。
 
気がつくと、涙がポロポロと次から次へとこぼれてくるのです。そこにはなんの感情もなく、悲しいのか辛いのかわからないまま、涙がこぼれていました。
 
急にからだがほてって熱っぽい感じや、ちょっとした事でイライラした感情が抑えられなくなり、家族に対しても大声で叫んだりするようになっていました。
 
抑えられないイライラ、ほてり、だるさ、不快感
 
自分ではイライラの感情が止められず、誰にも話せず主人にも最初は言えなかったのですが、ある日とうとう抑えられなくなり、ぶちまけてしまいました。
 
ところが、私がこんな状態だということを気付いてくれて、「無理しなくていい…。できる範囲でやってくれればいいから」と、言葉は少なめでしたが、受け止めてくれたことが私には意外でもあり救いでした。
 
私はずっと我慢をしていたようです。それを抑えていたこともあり積み重ねの結果、爆発したのだと思います。
 
それでも辛さが変わるわけではなく、気分がひどく落ち込み友人と会うことすら避けて、自分からは誰ともコミュニケーションを取らなくなりました。
 

はじめて自分をありのまま出せた場所

 

少しでも楽になれないものかといろいろ探してみましたが、なかなか良い所が見つからず、友達にも言えなかったので一人で探し続けました
 
ふと目に飛び込んできたのが先生のページでした。
 
思い切って問い合わせをしてみると、温かく包み込むような返事を頂いたので、迷うことなく相談することに決めました。
 
カウンセリングを受け、先生に話し出したら感情が溢れてきて涙が止まらず、ありのままの自分を出すことが出来ました。
 
今思うと、とてもお恥ずかしいですが楽になれました。そしてこんなおばさんでも安心して自分を出せる場所があることを知りました。
 
先生がおっしゃるように、「更年期だ」「鬱だ」と言う前に、自分をずっと抑えて続けてきたことや自分らしさを忘れていたことによる苦しみが、“ 無意識の感情を解放できた ” ことで軽減できたようです。
 
50dai
 
一人では吐き出すことができなかった苦しみを、先生のお力をお借りして吐き出すことができ、ようやく一歩進めたと思います。
 
その後、何度かお話させていただくうちに、少し落ち着いてきたように思います。
 
料理もやる気にならなかったのに、飲みだした和漢の漢方先生のカウンセリングのおかげで、掃除や料理もできるようになってきました。
 
「普通に動けるってこんなに楽なことなんだ」と改めて思うことができました。まだ気分に波があり完全ではありませんが、何かが変わったことはわかります。
 
なんとか頑張れそうな気がします。長くなりましたが、とりあえずここまでこれたことに感謝しています。
 
ありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします。
 

カウンセリングメニューと料金