改善プログラム2ヶ月目、Tさんの体験談

心質改善プログラムを開始して2ヶ月目、Tさんの体験談です。

状態もスッキリした感じがあり、凛とした感じでお肌もつやつやしていました。

行動することで、見た目もこんなに変わるんだとまた改めて感じた日でした。

とても行動力があり自発的にどんどん行動をされています。

一般的な恋愛にありがちなのが、彼のことでいっぱいいっぱいになってしまい、つい反対の行動や言動をしてしまったり、後悔したという経験がある人もいるかと思います。

今回Tさんのように心の余裕が生まれたことでキャパが広がり彼のことも冷静に客観的に見れることで、架空の不安に怯えたり不必要にヘコむこともなくなり、後悔や失敗のない行動に繋がっていくことと思います。

08_line01

今回カウンセリング時にお伝えした部屋の片付け、ダイエットとの関連、彼との関係についてです。

部屋の片づけを始めたのはたまたま書店で見かけた本がきっかけでした。

その本は「フランス人は10着しか服をもたない」というタイトルで、アメリカ人の著者がフランスに留学した際、余計で余分な物を持たず、洗練された物だけを生活で使っていく…といった内容でした。

それを読んで余分な服を売るなどして片付けた私は味をしめ、家にある余計な物を売ったり捨てたり、トランクルームに移動させたりしました。

家の片付けは土・日に行い丸1ヶ月を費やして部屋の片付けに成功しました。

それからは、買い物をする前に「本 当に必要かどうか」を考え、必要な物だけを買うように心掛けました。

衝動的に買ってしまった物は、家で冷静になってからもう一度考え、必要でないと判断した際には、すぐに処分するように心掛けました。

部屋が綺麗になってからは、心が安定しだして何となく落ち着くようになりました。

「部屋が綺麗」というだけで何故か自信が出ました。

今までは本当に親しい友人しか部屋に呼んだことがなかったのですが、いつもお世話になっている職場の先輩(女性)を部屋に招き、お茶をしました。

ほとんど誰も来た事がなかったので、最初は緊張しましたがとても気に入って貰えて「何か外国のホテルみたいね」と言ってもらえました。

褒められるとやはり嬉しいもので、これからも綺麗にしていこうと思えました。

その事を職場の他の同僚(女性)に言ったところ「いいな~。私も行ってみたい~。」と言っていたのでまた近いうちに来てもらおうかと思っています。

部屋を綺麗にすることで現れた変化がもうひとつあり、綺麗な部屋でポテトチップスなどむさぼり、カスを落とすのもなんだかな…と思うと、お菓子など食に対する執着が薄れて暴飲暴食をしなくなりました。

今までは心の寂しさを埋めるためにアレコレ次々と買い、部屋が物で埋まり、飲み食いをし…の繰り返しで自己嫌悪になっていました。

物を買わなくなり、部屋も綺麗なまま維持され、自己嫌悪に陥るこ とも少なくなり、自暴自棄からくる暴飲暴食も抑えられ…いい感じで心が安定するようになりました。

心が安定すると、今まで「彼」が私の世界の全てだと思っていたのに対し、、「他にも自分には大切にするべき事がいくつもあって『彼』はその内のひとつでしかないのかもしれない。」とある時ふと感じました。

起きている間は四六時中ずっと「彼」の事しか考えていませんでした。どう思われているのか、どうしたら好きになってもらえるのかなどです。

そう感じたものの、やはり思考は「彼」で占められているのですが…(笑)

でもそう感じたことで、少し心が楽になったのは事実で、ちょっと凹むような事があったり言わ れたとしても、そう落ち込まずに済むようになりました。

私は悪い方向に想像だけで思い込んでしまい、自分を追い詰める癖があるので、この気付きは大きかったように思います…。

08_line01

この他、講座の感想文もいただいていますが、長くなるので後日に分けてお届けします^^Tさんありがとうございました。