こんにちは。カウンセラー麗令です。

今回はひとりのシングルマザーの女性が悩みを抱えながらも一生懸命生きていて、心質が変わっていく様子をうれしく思っていたところ、体験談を書いてくれましたので、その一部をご紹介します。

親子関係の改善方法:子供の気持ちがわからない時の寄り添い方(関連記事)

改善カウンセリング感想 30代女性

親子連鎖「こどもは自分の合わせ鏡」

今回のカウンセリングで特に心に響いた言葉があります。それは『○○(長男)は、私の合わせ鏡である』という事でした。

先生とお話をしているうちに、子どもと言えどももう彼はちゃんと一人で考えて行動できるのだと、改めてわかりました。

そして、私に気遣い言葉を選ぶ息子を逆にとても心配になりました。

このまま放っておけば、周りに気を遣いすぎて本当の自分の意見が言えない、私の幼少期のようになるかもしれません。それは私が最も望まないことですし、絶対に避けたいと思っていることです。

先生に教えて頂いて初めて気づきました。親子連鎖という言葉の意味を危機感をもって本当に理解できたと思います。

この危機を回避するためにも、まずは私が変わっていくことを次のステップ目標にします。

焦って進んでもきっと何も変わらない、もしかすると悪化することもあるかもしれません。じっくりと腰を据えて、少しずつ改善していきたいです。

見捨てられ不安に気づき向き合う

実は、親子連鎖のことではなく、悩み相談として先生の所に伺ったのがきっかけでした。

いつもしっかり話を聞いてくれると感じてはいましたが、なぜ今の状況があるのかの原因を突き止めてくださったのは先生が初めてでした。

ある時、先生と話していて、自然とあの時の情景が甦ってびっくりしました。

ずっともやもやとして抱えていた自分の中での『このまま見捨てられるのかもしれない』という不安の始まりが見えた気がしたのです。

あの朝、母と姉が居ない、今まで一度としてなかった事が起こり本当に不安でした。

確かに母親から電話があったように思うのですが、そこらへんの記憶が靄がかかったように不透明で、今も思い出そうとしても、それが真実なのか今私が思っている事なのかはわからないです。

ただ、母は姉だけ連れて行って私を置いて行った。その事だけは忘れられなくて・・・

過去の事、特に幼少期の事を思い出そうとすると、ほとんどが忘れているにも関わらず、断片的にものすごく鮮明に残っている一瞬がいくつかあります。

自分以外の人の頭を覗くことはできませんが、過去の記憶とはみんなそういうものなのでしょうか?

そんな私も今は子供を持つ母親です。自分の子供には私のような思いをさせたくありません。こんな経験をした母親だからこそ、子供への想いをしっかり伝え素直に育てていきたいと思っています。

今日のカウンセリングの帰り道、とても大きな満月が見えました。新月の時に願いごとをするとよい、満月の時は手放したい思いを手放すとよい。どこかでそう見た事を思い出しました。

手放したいものは、元夫への執着と我慢をする自分

今回のカウンセリングでは、手放したいものというテーマでお話をしました。

今私が一番手放したいもの、そう考えた時に一番に思い浮かぶものは、やはり元夫への執着です。

今も不安になったり腹が立ったりと小さな波がありますが、今の私にとって、もうそれらは考えて何かが変わる問題ではありません。

そっと手放して、短い時間でしたが共に生きられた事に感謝出来ればと思います。まだまだそこまでには到達していませんがゆっくりと手放していきます。

そして二番目に手放したいもの、それは一人で無理をして解決しようとする自分です。依存ではなく、上手に周りの人たちに甘えることは大切ですね。

執着と我慢、私にとって大きな手放すべき課題かと感じました。

ひとりで抱え込まないでも良いということ

今まではサロンに伺う前に自分なりに簡単ですが書きまとめていました。今回は忙しかったこともあり、落ち着いて考えをまとめる時間がなかなか取れず、ちゃんと話せるかなと少し不安がありました。

そこまで気持ちが追い詰められている感覚もなく、話したい事がないのではないのかという不安さえ感じていました。

しかししかし。。。先生とお会いすると出てきました。それもたくさん…

自分でもこんなにも話したかったのだとびっくりするくらいでした。

改めて、自分の頭の中を巡っている思いを誰かに話すことの大切さを感じました。

これからもよろしくお願いいたします。

親子関係の改善方法:子供の気持ちがわからない時の寄り添い方

性格改善・心質改善個別セミナーのご案内