離婚カウンセリングを受けたきっかけ

 

当時は、離婚したくてたまりませんでしたが、小さな娘を抱えて自立することに不安を抱えていました。

しかしこのままギクシャクした状態は子供にも良くないし、両親には事情があって頼れない理由もあり、思い切ってご相談しました。

 

カウンセリングを受けてみた感想

お話をしているうちに思いもかけない展開が待っていました。

自分でも気づかない本当の気持ち、傷つきたくなくて押さえ込んでいた感情、大人になりきれていない素顔を子供のために必死で隠してきた自分に気付かされました。

本当は離婚なんてしたくなかったのです。

寂しさと甘えからわがままを言っていたのですが、そんな私に愛想を尽かしそんな対応に更に輪をかけて意地になっていただけでした。

本当は主人をまだ愛していました。

そして娘のためにも離婚をするべきではない。こんなことをしている場合ではないと気付くことができました。

カウンセリング後の変化

本当の気持に気づいたのはいいのですが、その途端に焦りも出てきました。もう遅いかもしれないと…。

先生は一言足りとも否定なさらなかった。

ただお話を聞いてくださるのですが、その対応になぜかボロボロと本音がこぼれてきたのです。

後から冷静に思えば、自然にさり気なく本音が話せるように誘導してくださっていたのだと思います。

主人も最初は私の変化に戸惑っていましたが、相談を受けたことも含めて話していくことで協力してくれるようになりました。

私が笑顔でいることで、話もスムーズに進み、娘にも変な緊張感を与えることもなくなりました。

正直まだ他にも課題は残っているのと、一人では判断に迷ったり感情に負けそうになってしまう時もあるので、もう少し先生にご相談しながら進めていきたいと思っています。

なにより驚いたのが、ご相談前と今の私の選択肢は180度変わってしまいました。

でもそれが私にとって、今までモヤモヤし続けてスッキリしなかった答えが、後悔することなく進める道だと確信しています。

 

改善カウンセリング体験「今までにはない心の軽やかさを味わいました」(関連記事)

wakaba2_1カウンセラーからのメッセージ

ご主人の行動心理や言動などから、その真意をアドバイス

最初のご相談では、ご主人に対して許せず憎しみしかないということでした。

気持ちは完全に離婚することしかなかったのですが、言葉の端々に言葉とは裏腹な面が見え隠れしていました。

焦らずにここに至った流れを全て教えて下さいと伺っていくと大変な誤解があることに気づきました。

ご主人の行動心理や言動などからその真意をアドバイスさせていただきました。

思い込んでいたのとはかなり相違があったようでびっくりされていましたが納得もされたようでした。

そこでまず相談者のBさん自身に意識して改善してもらうようにアドバイスをさせていただきました。

初回のカウンセリングで、ご自身の思い込みも相当あったことに気づかれていたというのも功をなし、その日会話もスムーズに進み久しぶりの安心感を感じられたそうです。

最初のきっかけは、ご自身の意識が変わっただけなのですが、それにより顔もこわばって突き返すような話し方になっていたところを、普通に話してみただけでもかなりインパクトがあったようです。

point7_4この体験者さんのように、初回カウンセリングで、大きな気づきを得てスッキリされる方も大勢いらっしゃいます。

 

カウンセリングメニューと料金