こんにちは、心理カウンセラーの麗令です。

受講生のココさんが体験談をもとに記事を書いてくれました。

ココさんは、年内に起業のためのブログを開設する前段階として、トレーニングを兼ねて頑張って記事を書いているので、応援の気持ちを込めてここに掲載しました。

なにかをやろうと行動を起こす前に、
「なぜかストップがかかってしまい、構想だけで終わってしまう」
「過去の失敗が気になって、新しい自分への挑戦が怖くなった」
という経験がある方には、ヒントになる事があるかもしれません。

考えすぎて行動に移せなかった私が、振り返ってみて気づいた大事なこと

投稿者 受講生ココ

皆さんこんにちは。受講生のココです^^

現在、心質改善から自宅開業に向けて学んでいる受講生の立場としてですが、なにかお伝えできることがあればと思い、気づいたことや変化などを学びの一環として記事風に書いてみました(^^)

今回は『考えすぎてなかなか行動にうつせない…』という悩みについて、私が気づいたことをまとめました。

私は昔から慎重になりすぎ石橋を叩きすぎて、結局橋を渡れないまま終わることがよくありました。

「何とかしたい!」と探していた時に、こちらのカウンセリングルームに辿り着きました。そして先生と出会い、講座を学び始めていくうちに、だんだん『行動する』ことの大切さがわかってくるようになりました。

現在受講中の方やこれから始めたいという方で、同じようなことでお悩みの方に、実際に学んでいる生徒の立場として、少しでも参考になることがあればと思い書いてみました。

過去の経験が行動できず不安にさせている?!

時として何か行動を起こそうとするときに、

「失敗したらどうしよう…」
「やり方は間違っていないだろうか…」
「人から変に思われないだろうか…」

と、良くないことをあれこれ考えてしまい、なかなか行動に移せないことはありませんか?

もちろん、失敗が許されない状況や大事な仕事などでは、慎重に考えなければ取り返しのつかないことになってしまいますから、行動する前に冷静に考えることは必要だと思います。

ところが、日常のなかでさえ考えすぎて行動できない…ましてや、やらなければいけないことやチャレンジしたいことがあっても、『思い込み』や『やらない口実』をいくつも思いついては不安になってしまう…。

今ではこんなことを書いている私も、以前は必要以上に慎重になりすぎていたために、日常生活でも色々なことに対して考えすぎて生活してました(^^;

考えずに行動できる人とできない人の違いとは?

そこで『どうして考えすぎてしまうのか』を私なりに考えてみたところ、

① 過去に失敗した経験がある
② 今まで経験したことがない

ということが大きな理由だと気づきました。

①のように、過去に失敗したことは「次も失敗するかもしれない」と考えてしまって、同じことを繰り返すのではないかと不安に思ってしまいます。

②の今まで経験したことがない場合にも同じことが言えると思います。
 「もしかしたら失敗するかもしれない…」
 「ほんとうに正しいのかどうかわからない」
 「間違いたくない、間違わずに進みたい」
と考えてしまいます。

これは未来のことがどうなるのか分からずに、石橋をトントンたたいているだけで立ち止まっている状態です。

以前の私は行動する前に立ち止まり、不安をぬぐいさらなければ前に進めずにいることを無意識にしていたので、迷わず行動できる人と行動できない人の “ある違い” に気づかないまま人生を送っていました。

そのある違いとは・・・実は失敗を恐れず経験をすることだったんです。

失敗も経験という宝物になる

どんどん行動にうつしていく人とうつせない人の大きな違いは「経験」だと気づいたきっかけは、講座で先生がおっしゃった言葉でした。

「まずは行動してみて、うまくいかなかったことや疑問に思ったことに対して、アドバイスをしていきますね。」

そこで初めて気が付いたのは、私はいつも行動する前・・・・・に疑問や不安を先生にお話ししていたのです。

何とかして不安を解消してから行動しようと思っていたので、行動にうつすまでにとても時間がかかっていました。

動く前から疑問を抱いても、経験してみなければ分からないことがあるということを、その時は理解していなかったのです。

一方、どんどん行動できる人は経験することで物事を解決していっています。

その分、つまづいたりうまくいかないことも多くあると思いますが、失敗も成功も全て「経験」という宝物になっていくと思います。

悪い方向に考えているのはあくまで自分だけであって、やってみないとどのような結果になるかは誰にも分からないことなのです。

成功だけが宝物ではなく失敗も宝物だと思えることで、行動してみようと思えるようになってきました。

出来ることから行動する

…とはいっても、考えすぎてしまう人にとって「経験したほうが自分の為になる」といきなり行動にうつしていくのはハードルが高いと感じるのではないかと思います。

私が講座で教えて頂いていることは、
 ・考えすぎずに行動していく
 ・できると思うことからやっていく
です。

『まずはやってみるという考え方になっていく』ことを学んでいます。

その為に、考えすぎていることに気づくことから始めました。

今までの私は、考えすぎていることに全く気付いていなかったのですが、気付くことを意識して日常を過ごしていくと「あれ、まだやってもいないことに悩んでない?」と、だんだん自分でもわかるようになってきました。

ただ、気付けたとしても、行動しようとする内容が自分にとってハードルが高ければ挫折してしまうので、「出来ないと思うことは無理してやらないように」とアドバイスを頂きました。

できると思う事であれば考えすぎずに行動を起こせますし、少しづつでも「行動できた自分」という経験を積み重ねていくことが、自信につながっていくのだと理解できました。

私自身もそうやって徐々に行動していくことで、過去に出来ないと思っていたことが、今ではあまりストレスなく行動にうつせるようになってきました。

先生とコラボさせていただいた記事は、具体的な方法も書かれていますので、よろしければぜひご参照ください^^

先延ばしにしてしまうクセで前に進めないときに読んで欲しい “その理由と対処法”

自分だけの財産は、自信と強みへ生まれ変わる

経験は何物にも変えがたい自分だけの財産になります。

この財産は、考えているだけでは手に入らない、自信と強みという私だけの宝物です。

慎重になりすぎて行動にうつさないでいると、宝物が増えないことに気づくことができ、手に入れた宝物が今後の自分の人生に大きく役立つと思うとワクワクしてきます。

経験値で言うと私もこれからですが、それでも以前の私に比べると色々なことに挑戦できています。

そして、経験を増やしながら目標に向かって頑張っています。

この記事は、私が現在学んでいることのほんの一部にすぎませんが、ほかにも同じように悩んでいらっしゃる方が「考えすぎて行動できない」と気づいた時に、前を向くヒントにしていただければ幸いです。

悩んでいる時間を行動に変えていった先は自分だけの宝物があると信じて、私も宝物を増やしていきたいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました(^_^)