1ha-to

「苦手な人がいる」ということ

職場やご近所での人間関係の中で、「苦手な人とどう付き合えばいいのかわからない」といった悩みを抱いている方は多いです。

実はどんな集団にも、どうしても苦手な人は一定数いるものです。

あまり苦手ではない人ならそれほど気にならないのに、なんだか苦手で出来れば付き合いたくない人は、とても気になりますよね?

そこで、ご自身の人間関係を一歩引いて客観的に見てみてください。

 

自分の写し鏡

類は友を呼ぶということわざがあるように、いつもあなたの周りにいる人は「同じような価値観を持った人」とも言えます。

悪口や愚痴をよく言う人には、同じく陰口や愚痴が多い人が集まり、いつもポジティブで肯定的に人を認める発言の多い人には、やはり同じような人が集まってくる、という意味合いですね。

 

苦手な人を認められない

s-480827

あなたに苦手な人がいるとしたら、無意識に避けてしまいますし、その人の人格を認めにくいと感じてしまうことはないですか?

相手の人も同じように思っているのかもしれません。

集団生活をする動物は、自分と違うものを排除しようとします。

似ているところを見つけて、お互いに認め合うことができるのなら、こんなに悩まないでしょう。

世の中そんな人ばかりではありませんし、あなたにもどうしてもそんなに寛大になれない人っていますよね?

「だから悩んでいる」のですものね…

 

あなたが「ラク」になる方法

相手に対する見方を変える

その集団には何かしらの共通点があって、同じ空間にいる時間を過ごしているのでしょう。

せっかくですから、あなた自身の考えや相手に対する見方をすこし変えてみるだけで、また違った環境を作ることは可能かもしれません。

職場では、コミュニケーションが仕事に影響されることも多いので、簡単に環境を変えるのは難しいですし、ムリに関係を築こうとしても、なかなか上手くいかない事もあると思います。

でも、悩んでいるだけでは状況は変わりませんし、解決はしませんよね。

そこで、わずかでも相手を理解した上で見方を変えてみると、苦手だと感じる人との付き合い方が、少しは「ラク」になっていくかもしれません。

 

苦手な人は反面教師?!

相手を自分の思い通りに変えるのは難しいですが、自分が相手への見方を変えることは可能だと思います。

たまたま同じ職場になり、毎日顔を合わすことになった人も、同じ職場に行き着いたということは、何かしらのご縁があるのかもしれません。

「相手のどこが苦手なのかな?」という見方をすると同時に、自分にも目を向けると「その原因」に気付き、自分をより深く知るきっかけになります。

人間関係ではさまざまな関わりの人がいますが、どんな人も自分にとって「必要な気付きを与えてくれる存在」と言えるのかもしれないですね。

こういう考え方に変わることで、苦手な人を客観的に観察することが楽しめるくらいになれれば良いですよね。

 

自分が成長するチャンス

s-093784

苦手な人への見方が変わると、人間関係で悩んでいるストレスが緩和され、新しい視点で相手を理解するきっかけになることがあります。

良い部分にも目を向けられる気持ちの余裕が生まれてきたら、あなたの発言や相手への接し方が変わりますよ。

なかにはお互いに苦手だった人達が、無二の親友になったこともあるのですから。

まずは、ご自身の一方向からの見方だけでなく、「違った角度からも見る」習慣を身につけることが大切ですね。

苦手な人ほど「ご自分が成長するチャンス」になります。

ぜひ苦手な人との関係を見つめ直すことで、ご自身の成長のチャンスに変えていきましょう。

 

コミュニケーション・スキルのコツ

苦手な人だけに限らず、人間関係はコミュニケーションで築かれています。

そこで、役に立つコミュニケーション・スキルをご紹介しますので、人間関係でお悩みの方は、できることからやってみてくださいね。

ほめ上手になるコツ

ico05-004人の気づかいに気付く

他人を褒める時は、「自分の価値観と重なるところでしか見つけられない」というのをご存知ですか?

例えば、誰も気付かないような細かいことをフォローされた時に「ありがとうございました。お蔭で助かりました」と言える人は、『その人自身が日頃から細かい気遣いのできる人だからこそ』相手のフォローにも気付けるのです。

 

ico05-004自分の良いところを認める

人の良い部分を見つけられるほめ上手になるには、日頃から『自分の良いところも見逃さずに自分で認めてあげる』ということが大事です。

他人の良いところに気付ける人の周囲には、同じように気付いてくれる人がいます。それはきっと類友の法則が働くからですね。

 

多角的な見方をするコツ

短所は長所の裏返しなのです。短所は長所にもなるというです。

相手が短所と捉えているところに光を当てて、「長所として捉えたら、どんな風に表現できるかな?」という目線で考えてみましょう。

もし私がコンプレックスに感じているところを、違う視点から「気付かなかった良さ」として誰かに褒められたら、その人に好感を持つだろうと思います。

「なるほど、そんな風に見ることができるんだー」って尊敬しちゃうかもしれませんね。

これは自分自身の「物の見方の幅を広げる」という訓練にもなります。

他人の良いところを、うらやましいと思ったり自分と比較して、自信を失う方向にベクトルを合わせるのではなく、素直な気持ちでドンドン伝えて「ほめ上手」になれたらステキですね。

 

共感とは

s-hitori

「心に沁みる」ということは、感性のどこかに感じやすい場所があるということ。

この言葉を私たちの身体に置き換えて考えてみましょう。

例えば、傷があったりかさぶたがあったりすると、傷の部分に何かが触れると激しく痛むこともあれば、やさしく手を当ててもらって痛みが和らぐこともありますよね?

心にも同じように、感じやすい場所があります。

それは痛みを経験して傷ついた場所が、誰かの言動によってうずくこともあれば、また誰かの温もりによって痛みが和らぐこともあります。

誰かの温かい言動でじんわりと沁みてくるもの…それが共感ではないでしょうか。

たくさんの痛みを知る人は、それだけ心に沁みる場面も多く、他人の痛みにも寄り添えることになると思います。

 

人生はどれだけ感動できたか

心の傷がまだ少ない人と多い人とでは、同じ絵画・音楽・詩など、見るもの触れるものの感じ方が違いますし、人の心遣いに対しての感動の深さが違ってきます。

それなりに長く生きていると、多かれ少なかれ傷ついた体験がない人はいません。

誰もが傷つくことは怖いですし、痛いことはイヤです。

それでも「人生はどれだけ感動できたか」が大切ではないかとわたしは思うのです。

傷つくことを恐れてやりたいことを諦めたり、人と関わることを避けてしまったり、自分の正直な気持ちから逃げてしまうのはもったいない事かもしれません。

 

傷つくことで得られる感動もある

人は共感するから人と関わりたいと思えるのではないでしょうか。

共感から生まれる感動は、生きる上での醍醐味の一つだと思います。

私自身がたくさんの失敗をしてきましたし、これからもたくさんするでしょう。

ですが「傷つくことで得られる感動もある」と思えたら、一歩チャレンジする勇気が出ませんか?

失敗することも傷つくことも、それは行動をしたからこそ得られる学びです。

苦手な人がいて人間関係で悩んでいるなら、ぜひチャレンジしてみてください。

痛みにもそれ相応のご褒美がちゃんと用意されていると信じています。