人間関係の断捨離

投稿者:ミッチェル

今ある人間関係で、自分の思いや理想に合わない人を断捨離

s-480827

これは表面的な解釈ではなく、もっと深い部分に断捨離の意味があります。

人は本来自然な感覚を備えていて、“なんとなく感じること”というのは直感としての情報であることも少なくありません。

外側に意識を向け周りに合わせたり期待に応えることに思いが偏ってしまうと、自分の望む本心の声に気付かなくなることがあります。

そうすると本音とは裏腹に相手に合わせることや自分らしくいられないという人間関係の悩みに繋がることになります。

本心と向き合うことが、心の断捨離

部屋の掃除から断捨離が始まるように、人間関係の断捨離は、心の掃除から始まるのではないかと思います。

心の掃除とは自分の中の恐れや不安を吐き出し捨てていくことです。

s-093784

声に出して思いを吐き出すことで、不必要な執着に初めて気付くことがあります。

私はそれがカウンセリングでした。

気持ちを言葉にしていくと、思い込みやプライド、恐怖心によって人間関係に影響を与えていることが分かってきました。

恐れや不安の気持ちというのは、自分にとってはマイナスだと分かっていても簡単に手離すことが出来ないからこそ、悩みの悪循環になってしまうのだと思います。

恐れを感じている原因を知ると、必要なものと手離すべきものの違いに気付けるかもしれません。

理由が分かれば、改善への行動にも繋がるのだと思います。

自分が変われば、人間関係は変わる!

人間関係には、類友の法則が働いていて、自分の思いから発する波長に見合った人を引き寄せるという考えがあります。

自分と合わない人間関係を断つのもひとつですが、自分の心が変わると周りの反応までもが違ってくるということです。

自分の波長が変わると付き合う人間関係そのものが、成長と共に変化するという話はよくあります。

自分が心地よいと感じられることに素直に向き合えば、結果的に自分の思いに合わない人とのご縁を遠ざけるというのが、人間関係の断捨離の効果ということになりますね。

 
 
 

カウンセリングメニューと料金