失恋から立ち直る

「いつもそばに居てくれた。支えてくれていた。
これからもずっとずっと一緒にいると信じていた…」

そんなかけがえのない大切な人から別れを告げられ、会えなくなってしまったら…

心にぽっかり穴が空いたようで、深い喪失感に苛まれてしまうかもしれません。

そんな時、可能であれば復縁を試みるのも選択肢にあると思いますが、それでもどうしても修復が不可能だとしたら…

とてもつらくて苦しいけれど、彼を忘れる努力をしなくてはいけません。

大好きな彼だからこそ、無理強いをしたり、それ以上の負担をかけて彼を苦しめたくないと思う人もいるでしょう。

そんな時、知りたいことは『失恋から立ち直る方法』ではないでしょうか?

ご相談に来られる方から多く聞くのは、「頭では理解できても簡単に立ち直る方法がわからないから悩んでいる」というものです。

本日は、失恋から立ち直る方法についてまとめてみました。

よくある「失恋から立ち直る方法」は本当に有効?

正直に言ってしまえば、短期間ですぐに失恋から立ち直る方法はないかもしれません。

それを言ってしまうと絶望的に捉えてしまわれるかもしれませんが、決して方法がないという意味ではありません。

これは心理カウンセラーであるわたし自身が、過去の失恋や恋愛の相談を受けてきた中で感じている『個人的見解』ですので、ご興味のある方だけお読みいただければ幸いです。

本やネットの情報では、失恋から立ち直るための方法として

『新しい恋を見つける』

『自分を責めない』

『相手を責めない』

『相手に感謝する』

『気晴らしをする』

と書かれているのをよく目にします。

確かにそれらの方法は、参考になることはあると思います。

でも、今まさに失恋したばかりの状態で、書かれている内容は頭で理解はできても、簡単に忘れられたり、次へ進めるならそんなに苦しまないと思います。

残念ですが時間は遡れないので、過去には戻れないのが現実です。

戻れるならやり直しができますが、相手のあることは自分だけの思いだけはどうにもならないことが多いです。

自分だけがやり直したくても相手にその気がなければ、一方通行になるだけで成立しないからです。

場合によっては、ますます距離を置かれてしまうことにもなりかねません。

今のつらい思いを繰り返さないためにも、この経験をご自身の今後の人生へ活かすことです。

同じ苦しみを二度と繰り返さないための方法を知ることが、結果的には苦しみを乗り越えたり、失恋から立ち直るという原動力につながっていけるのだと思います。

ただし、今これがすんなり受け止められない方は、その時期ではありませんので、無理に進めないようにしてくださいね。

カウンセラーがすすめる「失恋を乗り越える方法」

まず最初にやるべきこと

それは、その悲しみをまずは受け止めることです。

忘れようとすればするほど、思い出して余計に辛くなってしまうのですが、向き合わないままだといつまでもそこから抜け出すことができなくなります。

「現実に向き合うのが怖い」という気持ちはあると思います。

それはどこかに、「忘れたくない」という思いが存在しているからでもあります。

忘れたくない思いが強ければ、いくら忘れようと思っても余計に辛くなるだけなので、無理に忘れようとせず、その素直な想いに向き合ってみてください。

ある意味、こうしたらすぐに楽になるという方法があるというなら、また、すぐに忘れられるなら、そこまで彼のことを好きではなかったかもしれません。

本気で好きだから、大切だから、心が痛いのですよね…。

本当の気持ちを話せる相手を見つける

失恋の痛み

そして、『失恋した』という意識をきちんと受け止めることができたなら、誰か身近な心許せる人に聞いてもらいましょう

できればアドバイスや意見するタイプの人より、ただひたすら話を聞いてくれるタイプの人がおすすめです。

今は誰かに意見されたり、否定をされたいわけではありません。

つらい思いをちゃんと聞いてくれて、肯定してもらえるだけで安心して心から泣けますし、それだけでも少しは楽になることもあるでしょう。

どうしてもそういう人が見つからない時は、カウンセリングを利用する方法もあります。

「カウンセリングなんて少し大げさかも?」と思う方もいますが、失恋した直後というのは、感情のバランスを崩しやすくなっています。

突然涙が溢れてきたり、自分を責め過ぎてしまって食事が喉に通らない、眠れないなどの精神的ダメージを受けやすくなるため、体調を崩したり鬱っぽくなってしまう場合もあります。

その状態を、まずご自身でしっかり自覚して受け止めること、向き合うことが大切です。

ひとりで受け止める自信がない、不安だという方は、安心して乗り越えていくためにカウンセラーに頼ってみるという選択もあるということを覚えておいてくださいね。

カウンセラーは話を聞いてくれる専門家ですので、あなたにとって信頼できそうなカウンセラーを探すことをおすすめします。

カウンセリングの上手な受け方と失敗しないカウンセラーの選び方

自分で乗り越える方法

失恋乗り越えるワーク

自分の力で立ち直りたくて方法を探しているかたにおすすめなのは、ご自身の心の想いを紙に書き出す方法があります。

テーマは人それぞれですが、例に上げるとすれば、

・彼と別れなかった時のメリット・デメリット

・彼があなたにしてくれたこと

・あなたが彼にしてあげたこと

頭で考えるだけではなく紙に書き出していくと、なにかが見えてくることがあります。

そして、冷静に今の状況について考えられることもあるのです。

これで進める人は、どんどんテーマを決めてやってみてください。

書き出すことで余計に辛くなったり、この方法は合わないと思ったらすぐにやめてくださいね。

これは意外と効果的なので、心癒しんゆカウンセリングでも復縁成就などで活用してもらうことがあります。

*下記記事に復縁ワークの詳細もありますので、ご興味があれば合わせてご覧ください。

冷却期間はどのぐらい?復縁成功のための効果的な過ごし方

自分で立ち直る方法:番外編(忘れない挑戦をする)

心癒しんゆカウンセリングのクライアントさんで、少し変わった方法で立ち直った方をご紹介します。

その方は7年間お付き合いしていた人から、ある日突然別れを告げられてしまったとのことでした。

あまりにも唐突過ぎて信じられなくて辛くて、でもどうすることもできず、苦しみ続けながら毎日を過ごしていました。

痛みに耐えきれず飲めないお酒を飲んでみたり、一人旅を試みても忘れることはできなかったそうです。

ところがある日、「忘れられないのなら、いっそのこといつまで忘れないでいられるのか挑戦してみよう」と思うようになりました。

「今日も忘れなかった、明日も好きでい続けよう」と毎日を過ごすうちに、「今日も好きでいられる私ってすごい」と自分が愛おしくなり、月日とともにゆっくり辛さが和らいでいったという内容でした。

今ではそんな彼女をとても大切にしてくれる方と共に暮らし、何年も幸せに過ごされていらっしゃいます。

わたしとはご縁をいただく前の出来事なので、すべてはご自身の力だけで乗り越えられたのですから、本当に素晴らしいと思いました。

失恋を引きずらないタイプの人の注意点

「失恋したことはとてもつらいけど、前向いていこうと思えている。」

「彼との貴重な思い出や経験をバネに、もっと素敵な恋愛をしたいと考えられる。」

そういう場合はこの記事を読まなくても、既になにか新しい出会いを見つける行動をされているかもしれませんね。

ただ…中には、

痛みを感じないように蓋をしているだけ』という可能性もあるので注意は必要です。

今回の失恋だけというなら、忘れられて前に向かって進むことに越したことはありません。

もし「何度も同じような辛さを繰り返している」ということであれば、それが生きづらさを増幅させる原因となるなら、これを機会に自身と向き合い乗り越えると選択も視野にいれてみてください。

何度も繰り返してしまう根本の理由を知り、繰り返さない自分になれるとしたら、本当の意味で未来に向かって歩き出せるかもしれません。

 

恋愛カウンセリングや心質改善で行なっている主な内容

恋愛カウンセリング

好きな人に自分の想いが伝わらない
好きではない人には好かれるが、好きな人とは両想いになれない
付き合ってもトラブルが起きたり、悲しい別れを繰り返す
どうしても復縁したい人がいる
恋愛依存症かもしれないと思っている

このようなことで悩んでいたり、気になっていることがあるなら
心癒カウンセリングで解決できるかもしれません。

恋愛に関する習慣や癖を知り悲しい繰り返しを防ぐ
彼の心理状態を理解し対策を練る
今抱えている問題の解決法の有無、可能性
恋愛や結婚に関する障害やトラウマを知る
生育歴によるトラウマや依存症を改善する

カウンセリングでは主にご相談やアドバイスを、心質改善講座では、より深く原因を掘り下げ、対策やトレーニング等ご希望に応じた方法で根本からの解決を目指します。


 

心癒カウンセリングのメニュー&料金、お問い合わせはこちら

カウンセリングメニューと料金

対面・スカイプのどちらも対応可能です。