やる気がでない原因は、ホルモンバランスの崩れ?

投稿者:ミッチェル

140516

職場や家族、ママ友等など…様々な人との関わりの中、スムーズにいかないことのほうが多く、そんな時は心身共に疲れ果てストレスも溜まる一方です。

そんな気分の落ち込みや憂鬱な時というのは脳内のセロトニンが不足しているのかもしれません。

私たちの体内では自律神経系のホルモンがはたらいています。

日々のストレスや不規則な生活がきっかけで、様々な脳内ホルモンのバランスが崩れると、精神面では、やる気が出なくなることや感情のコントロールが上手くいかなくなると言われています。
 
ホルモンバランスを正常に保つように、外側からはたらきかけることは、気分の向上に繋がる方法の一つです。
 

heart17-004やる気を生み出す掃除力

gardening_woman
ドイツの心理学者の発見で、“作業興奮”と呼ばれている現象があります。
 
最初は気分がのらなくても、簡単な作業で身体を動かすことにより、やる気が出る現象のことを指します。
 
最初は取り掛かることが億劫でも、机の上の片づけや簡単な掃除をするうちにやる気が出てくるのです。
 
簡単な作業がきっかけで集中が高まり、スムーズに仕事や課題に取り組めるということです。
 
 

 candy-a9

目の前のことにやる気が起こらない時は、意欲を呼び起こす刺激として、”作業興奮”は応用できる方法の一つです。

 

小さな目標を設定し、その達成感を繰り返すことがコツ

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

やる気には、ドーパミンの存在が深くかかわっていると言われています。

ドーパミンは、その名も“やる気ホルモン”と呼ばれ、目標に向かう意欲や物事に対する判断力に影響を与えています。

ドーパミンが分泌すると、行動への意欲を発揮し、目標を達成すると爽快感が得られます。

片付けを始めるとやる気が起こるのも、小さな行動をきっかけに得られる達成感が、ドーパミンの分泌と関係しているからです。
 
candy-a9
やる気ホルモンの力を引き出すには、小さな目標を設定しその達成感を繰り返す事がコツになります。
 
目標達成ごとに、ご褒美を用意するのもおすすめです。
 
 

どうしてもやる気になれない、気持ちがついていかない時は?

それ以上に心身が疲れている時は、たっぷりと睡眠をとりご自分の心と身体を浄化させてあげることで元気を取り戻すこともあります。
 
counselor
色んな方法を試してみて、それでもやる気が出ない、元気になれないという時は、目に見えない根本的な原因があるのかもしれません。
 
心の疲れは、身体とは違い、はっきりと見えないのでつい見逃してしまいがちです。
 
明確な原因を知る(カタルシス)だけでも、まったく違う考え方や生き方に変わることも可能です。
 
悩みをリセットして人間関係を一から作り直す方法、今の状況からスッキリぬけ出しやる気を高める考え方を知りたい方はご相談下さい。