リフレーミングで性格改善

 

リフレーミングを学ぶことで性格改善への近道になる?!

こんにちは、心理カウンセラーの麗令です。

最近「リフレーミングという言葉を聞いたことがある」という方が増えてきたようです。

リフレーミング=reframingとはモノの見方や考え方を今までと変えることで、気分や感情を変えることを言います。

わかりやすくいうと、”フレーム=自らが作り出した常識の概念という枠” を外すということですね。

 

これまでの人生経験で培ってきた判断基準であるフレームという枠を外してみると、価値観が変わることがあります。

リフレーミングすることで別の視点で物事が見れるようになり、何度頑張ってもできなかったことや失敗を繰り返していたことが、すんなりとできるようになることもあります。

思い込みを外し今まで見えなかったものが見えるくると、それだけで楽しく思えたり、心が軽くなることもあるので試して見る価値はありそうですよね。

 

そのリフレーミングを活用して、新しい自分を発見するきっかけや性格改善に繋げていくことが可能です。

本日はそのリフレーミングについてお話していきたいと思います。

 

リフレーミングでポジティブシンキングに

リフレーミングでポジティブシンキング

 

「愛する人を失いたくない」

「心が痛い、ストレスで自分を見失いそう」

なんとかして苦しい状態から抜け出したいのに、そこから抜け出せずにぐるぐると同じ繰り返しをしてしまう…

そんな経験はありませんか?

 

怒りや不満、傷ついた気持ちを持ち続けると、心だけでなく身体にまで影響してしまいます。

「私が我慢をすれば良い」と気持ちを抑えても、それは蓋をした・・・・だけに過ぎず、負の感情は消えてなくなることはありません。

時間とともに気持ちが和らいでくるかのように思えるかもしれませんが、また同じような経験やきっかけをもとに、くすぶっていた感情が蘇ります。

そして、それを繰り返すたびに深みにはまっていき、悪習慣を生み出してしまいます。

 

病気でも早期発見なら食事療法やお薬を飲めば良くなりますが、手遅れになってしまうと、入院や手術をしなければいけません。

それで完治できれば良いですが、場合によっては命を落としてしまうこともあるのです。

 

最初のきっかけは、ほんの些細なことから始まることが多いので、「そんな大げさな…」と思うかもしれませんが、心と体はつながっているので実際に起こりうることなのです。

 

リフレーミング効果とカウンセリング

リフレーミング効果とカウンセリング

 

私達は知らず知らずのうちに、幼少期に過ごした家庭環境に影響されていることが多くあります。

リフレーミングの効果を活用すると、今まで当たり前だと思って生きてきたことが実は当たり前ではなく、真逆の生き方や考え方をしてみたら「すごく楽に生きられた」ということがあります。

 

「生き方を変えるのなんか簡単にできる」と思う方がいるかも知れませんが、それが簡単にできたら誰も苦労はしないのですね。

頭では「こうすれば良い」とわかっていることでも、実際にそれを行動に移せて変化が現れたことはいくつあるでしょうか?

直したい癖と同じで、一旦身についてしまうとなかなかそこから抜け出すことができません。

大抵の場合、それをすんなりと受け入れられるまで一定期間を要します。

 

離婚の危機もリフレーミングで解決!?

離婚の危機

 

夫婦喧嘩の場合、お互いに育った環境の違いで価値観が合わず、相手のことが理解できないと、仲違いをしてしまうこともよくある話です。

それまで当たり前だと思っていたことと全く違う環境を強いられたら、ストレスが溜まりますよね。

友達や恋人ならその時だけということも考えられますが、夫婦の場合は何年、何十年と生活をともにするため、生活環境が合わないと我慢ができないこともあります。

自分の枠組みの中で生きてきたのに、突然その常識にないことが当たり前だと言われたら、拒絶反応が起きてしまうことでしょう。

離婚の原因は浮気や性格の不一致など、他にもいろいろありますが、育った環境があまりにも違う場合、それを押し付けすぎてしまうと、それが原因で離婚にまで発展してしまうこともあるのです。

 

リフレーミング効果

よく例えられる具体的な事例を挙げてみましょう。

コップの水が半分の時に「もう半分しかない」と思いますか?

それとも「まだ半分ある」と思いますか?

 

これにより捉え方の傾向として、ネガティブ思考かポジティブ思考かがわかります。

ポジティブが良くてネガティブが悪い訳ではありません。

ネガティブ思考だからこそ『そなえあればうれいなし』と、事前に準備することもできるのですから。

「私はマイナス思考かもしれない」と思っていた方がこの記事を読んで、「ネガティブも悪くないかも」と思えたら、それこそがリフレーミング効果なのです。

 

カウンセリングで新しい自分を発見

今あなたが置かれている環境で、うまくいかないことばかり数えて憂鬱になるのか、今ある小さな幸せを数えて満たされるのか、どちらがいいですか?

これは、心癒しんゆカウンセリングの講座でもよく課題でやっていただきます。

頭でちょっと考えるだけではなく、真剣にノートにまとめて来てもらいます。

そしてそれをカウンセリングで掘り下げていきます。

 

クライアントさんからよく頂くご報告

「自分には何もないと…不幸だと思っていたはずなのに、出された課題をやっていくうちに、いろんなモノをもっていることに気づきました。」

「恵まれた環境で感謝することが沢山あったんだと改めてわかりました。そして真剣に考えれば考えるほど、だんだんモノの見方がかわってきました」等

 

この課題は書き出してみるだけでも良いのですが、そこから日常的にどういう考え方を無意識にしているのかを、カウンセリングでひとつひとつ掘り下げると、『考え方のクセ』に気づきます。

無意識のフレームが知らず知らずのうちに、不幸の波にどっぷりつかっているかも知れない自分に気が付くことから始めましょう。

 

失敗例でよくあるのが、他人からの客観的な意見を求めず独断で改善しようと、ご自分を無理に思い込むというパターンです。

実は自分で認識している私』と『他人から見た私』とに大きなギャップがある方は多いです。

クライアントさんのなかには「明るくしているつもりだったけど、私って人から暗い人に見られていたんだ」と改めて気が付かれた方もいらっしゃいます。

自分のことは自分が一番わからないものなのかもしれません。

 

ご自分を客観的にみることができなくて自己改善が難しい方は、第3者のサポートを受けることで、無理なく納得しながら落とし込むことが可能となります。

 

リフレーミングでスッキリした例

他の人と比べて自分はできないと責める癖

ずっと他人と比べては劣等感を感じていたクライアントさんの例

 

「自分はできない」という強い思い込み
     ↓
原因を掘り下げて問題点に気づく
     ↓
問題点がわかると改善点が見つかる
     ↓
改善点が見つかったことに目を向ける
     ↓
新しいチャンスに気が付いた

 

このクライアントさんは今まで何をしても変われなかったのに、問題点に気づけたことで意識ができ、改善のチャンスと捉えることができました。

自己否定の強い方は「なぜそう考えるようになったのか」の元を辿り、その原因を発見するだけで「腑に落ちた」とスッキリされることが多いです。

回りくどい方法かもしれませんが、ご自分の知らなかった、あるいは気が付かなかった問題点を発見すると「すごく納得できて、これからの人生に希望が持てました」と喜ばれます。

これまで歩んできた生育歴から自己否定が強くなった原因を明確にしたら、あとはその習慣を身につけるトレーニングを実生活で行っていくだけです。

※具体的なトレーニング内容は、講座内で個別に指導しています。

 

実際に行動していくことで、思っていた以上に簡単に解決方法が見つかることがあります。

性格改善に成功された方の多くは、ちょっとしたきっかけで今後の人生を大きく作用し、なりたい自分に近づいています。

 

リフレーミングの本質

フレームを外して別の角度からモノをみるリフレーミングですが、「そもそものフレームがよく分からない」と言われる方は多いです。

当人にとって「思い込んでる」つもりがないからなのですね。

今までの人生で培った価値観で「当然のこと」「それが常識」と、当たり前のように判断していたことを疑うことは、なかなかできません。

 

客観的に自分をみるということは意外に難しいものです。

「私は思い込みというフレームにとらわれているから苦しいんだ」と考えられる人はリフレーミング思考が出来ていますので、自己嫌悪の苦しさはほとんど感じないでしょう。

ご自分では「わかっているんだけどなかなか出来ない」と、苦しさから逃れられない方は、誰かの手を借りることも必要かもしれませんね。

 

(関連記事)

「心質改善・性格改善」具体的な講座内容と成功事例

 

もし、どうしても解決したいことがあるのに、そこから抜け出せずに悩んでいる方やご興味がある方は、心癒しんゆカウンセリングでもご相談を承っています。

 


 

心癒カウンセリングのメニュー&料金、お問い合わせはこちら

カウンセリングメニューと料金

対面・スカイプのどちらも対応可能です。