愛されたい…

必要とされたい…

認められたい…

大切にされたい…

そういう悩みを抱えて相談される方がいます。

突然眠れなくなったり、ごはんも喉に通らない…

ただ大好きな人と一緒に楽しく過ごしたり、職場でもみんなから必要とされていたいのに、望む状況が叶わないとしたら…それはとても苦しいものです。

そんなあなたに、ちょっとしたコツは必要ですが、承認欲求から解放される方法はあります。

一度習得するとかなり楽になれた方もいるので、本日はそのことについて、お話したいと思います。

承認欲求から解放される方法とは?

承認欲求

自らを認めることで認められ、自らを愛することで愛される

あなたが一番認めてほしいのは誰ですか?

嫌われたくなくて無理しすぎていませんか?

あなたらしさを失っていませんか?

相手に合わせて自分を押し殺していませんか?

認められ、愛される原理
もし、今あなたが寂しい思いを感じているなら、まずは自分で自分のことを大切にしてあげてください。どんな自分も受け止めて、全部認めて愛してあげましょう。

 

🍀よく見られたくて強く見せていた自分も自分

🍀笑われてバカにされるのではないかと隠していた自分も自分

🍀恥ずかしいことだと思い込み、我慢をしていた自分も自分

あなたがあなた自身のことを否定していたり過小評価していると、相手もあなたを大切に思ってくれません。

心のなかに自己否定の気持ちがあると、周りから見てもそういう表情や雰囲気、言動や態度となって伝わってしまうので、尊重されなくなってしまいます。

本来のあなたは『愛されるべき人であり、無理しなくてもちゃんと認められる人』なのです。

自らを肯定し認めることで認められ、自らを愛することで愛される原理は不変ですので、ぜひやってみてください。

ただし、幼少期の家庭環境や生きてきた過程で経験した失敗やトラウマにより形成されてしまった、『思い込みの感情、長年の癖』というのはなかなか自分の力だけでは打破できません。

その悪循環の繰り返しから抜けだせないまま、恋愛や職場などの人間関係に悩み続けている人は意外と多いです。

※ 原因はACによる恋愛依存症、幼少期のトラウマ、強い自己否定感などが主に考えられますが、根本からの原因究明は専門的な知識を持った人に相談するほうが良いでしょう。

自分から先に相手を認める

 
あなたが認めて欲しいと思っている相手のことを、あなたから先に認めましょう。
そして、ちゃんと言葉に出して褒めてあげてください。
その言葉は必ず笑顔・・で伝えてくださいね^^

 

相手を認める

せっかくの褒め言葉も表情がこわばっていたり、伝え方が不自然だと「お世辞を言われているの?」「嫌味を言われているの?」と思われては本末転倒ですからね^^;

お世辞などではなく本当のことをきちんと伝えられると、相手も悪い気はしないので、相手もだんだんとあなたの良いところを見つけて認めてくれるようになります。

たったこれだけで、好意的な関係になれることもあるのです。

最初はお互いに表面的な関係性になっている場合もありますが、気づけばなくてはならない存在まで発展したケースも少なくないので、やってみる価値はあると思います。

おひとりおひとり状況が違うため、ごくシンプルな方法しかお伝えできませんが、まだ試したことがない方は、一つの方法として覚えておいてくださいね!

「えっ、それだけ?」と思われた方もいるかもしれませんが、改善方法がたくさんあっても実際にできることは限られてきます。

そのたった1つのことを繰り返しているだけでも、習慣にしてしまえば変化は起きてきます

行動してみないとわからなことはたくさんあります。

頭で先に考えすぎて「失敗する」と決めてしまうと、うまくいくものもうまくいきません(*_*)

苦しみから解放されるための第一歩であり未来を変える一歩にもなるので、できるだけ真剣に取り組んでみられることをおすすめします。

承認欲求は誰もが持っている

自分のことを認められたり、必要としてくれるのは嬉しいものですよね?

それを素直に受け止められるかどうかは、幼少期の生育歴に関係してくることもありますが、あなた自身はどうですか?

いずれの場合も、心の中にある承認欲求を埋められるのは、他人ではなく自分自身であるということです

好きな人や両親に求めているのに、なかなか埋まらないと感じている人は、まずその根源は自分の中にあるということに気付いてみましょう。

母親を憎んでいたクライアントさんも今では、確執やわだかまりがすっかり取れて有効的な関係を築けるようになりました。そうすると不思議ですが、あれ程望んでいた結婚がやっと目の前に現実となって叶うことになったのです。

愛されるべきあなたの存在は、自己否定していることで本来の輝きを取り戻せないでいるかもしれません。

それに気付き、ホコリを払い、磨いてあげることで本来の輝きを取り戻せるでしょう。

それができるのはただひとり、あなたご自身です。

(関連記事)

恋愛依存症を治したいなら“改善カウンセリング”がおすすめ!自力で克服が困難な理由

恋愛依存症や愛されたい症候群かも?

承認欲求が満たされない方のなかには、『愛されたい症候群』『恋愛依存症』というかたちで現れることがあります。

「もしかして自分はそうかも?」と感じている方の自己診断は難しいと思います。

病気や性格などではなく、生育歴が関係していることがほとんどだからです。

大半の方は自覚がないため、「原因がわからず苦しい経験を繰り返している」とおっしゃいます。

生育歴が関係しているとしたら、カウンセリングで深く掘り下げなければ、根本の原因に気づかないまま繰り返してしまうこともあるため、気になる方は身近で信頼できる専門の方に相談をしてみてくださいね。

相談したいけどどうしたら良いのかわからない方は、ここ心癒しんゆカウンセリングでもお一人お一人個別でご相談できます。

気になることがある方は、カウンセリングや講座内で自由にご質問下さい^^

↓ ご相談はこちら ↓

カウンセリング申し込み

 

恋愛カウンセリングや心質改善で行なっている主な内容

恋愛カウンセリング

好きな人に自分の想いが伝わらない
なぜか“好きな人”とは両想いになれない
付き合ってもトラブルや別れを繰り返す
早く結婚したいのになかなか進まない
恋愛依存症かもしれないと思っている

このようなことで悩んでいたり、気になっていることがあるなら、心癒カウンセリングで解決できるかもしれません。

依存の習慣や癖を知り繰り返しを防ぐ
彼の心理状態を理解し対策法を知る
相手の心をつかみ、愛される表現力を身につける
過去の恋愛傾向や結婚に向けて解決法を知る
生育歴によるトラウマや依存症の改善

カウンセリングでは主にご相談やアドバイスを、心質改善講座ではより深く問題を掘り下げ、具体的な対策やトレーニングを個別に提案し“根本からの解決”を目指します。

恋愛、結婚のご相談、お問い合わせ