カウンセリングはもっと身近なもの

「 なかなか一歩が踏み出せなかった… 」

ご相談に来られたクライアントさんとお話していると、「申し込み前に何度も考えました」というお声を聞くことがあります。

a1380_000773

最近では、カウンセリングを身近に感じる方も増えましたが、まだまだ日本では「カウンセリングは特別なもの」と感じてしまう方が多くいらっしゃいます。

「 こんなことで相談してもいいのだろうか? 」とか、「 冷たく対応されたらどうしよう 」と迷う方もいます。

ご自身の感性や感覚を信じて、受けてみようと思える感情が大切です。

深刻な悩みでないと受けられないということはありません。

カウンセリングを身近に感じている方は、ちょっとした迷い方向性の確認だけに来られる方もいらっしゃいます。

そして今の立ち位置が間違っていないとわかり、自信が持てたり、自分を認められたり、安心してまた前に進めるということですね。

 

クライアントさんの声「カウンセリング&講座感想 体験」

カウンセリングのデメリット

どんな人にもカウンセリングが絶対おすすめというわけではありません。
合わない人にとって場合によっては、カウンセリングは デメリット になります。

合わないというよりも “ 今はおすすめできない ” 状況とでも言いましょうか。

自分から積極的に行動したいという気持ちになれない(無理は禁物)
今の状況から抜け出したいという希望や勇気が持てない(時期ではない)
相性が合わないと感じているカウンセラーにカウンセリングを受けている(逆効果です)

相性が合わないと感じながら続けるのは一番オススメできないので、一旦おやすみして納得がいくカウンセラーに出会えるまで、じっくり探されてみると良いですね。

カウンセリングの上手な受け方と失敗しないカウンセラーの選び方

カウンセリングと占いの違い

hirameki_woman

例えば占いなどの場合は “ 答え ” を伝えてくれますが、カウンセリングはズバリ答えを伝えるのではなく、“ ご自身の気づき ” を促します。

人から与えられた答えではなく、ご自身で気づくことで納得して落とし込めるから、カタルシス(心の浄化作用)が起きるのです。

それに気付くだけでも、心が軽くなり楽になれる ことが多いのですね。

長年抱えていたやめられない習慣や執着、それらのこだわりから解放されることで、同じ失敗を繰り返さなくなり、メンタルブロックから解放され、新しい自分との出会いも得られるのです。

意外と難しいことではなく、頭と心を整理して 心を楽にしてあげる作業 だと思って下さい。

 

185023

心を楽にする作業を、信頼できるカウンセラーと共同作業していくような形ですね。

一人で行なうのではなく、専門知識を持った相談者が傍について見守ってくれますから、安心できるので良いですよね。

悩みは深く長くなるほど、そこから抜け出すのに時間がかかってしまいます。

心も身体も同じで、重症になってからではなく、軽いうちに手当してあげるほうが早く良くなりますよ。