遠慮=気遣いではない

気づかいと遠慮の違いを聞かれたらなんと答えますか?

改めて聞かれると頭で冷静に考えることができますから、答えられる人はいると思います。

でも日常の「咄嗟の行動(無意識)」で、うまく使いこなせているかと言えば、意外とできていない人が多いようです。

遠慮は自分目線

相手に遠慮して何も言わないのは、問題そのものが解決しないうえ、逆に損をしてしまうことがあるかもしれません。

遠慮は気づかいとはちがって、「伝える勇気がない」「自信がないから言えない」ということにもなります。

伝えることによって「自分が」どう思われるかが気になったり、嫌われたくないという気持ちがあるのかもしれませんね。それはベクトルが自分に向いていることになります。

でも、それによりかえって伝わらなくて誤解されてしまったり、距離を置かれてしまう結果になるかもしれません。

コミュニケーションがうまくいかないと感じている人は全てとは言いませんが、思い当たる人もいるのではないでしょうか?

気づかいは相手目線

気づかいは相手をおもいやり、意識とベクトルを相手目線で考え伝える事です。

相手のことを想うのであれば、相手をよく観察することが大切です。

そうすれば必然と相手が求めていること、必要としていることがわかってきます。

自分が相手に伝えたい事ではなく、たとえ言いにくいことでもその人のプラスになることなら「伝え方」を考えてきちんと伝えることです。

相手をよく見ないで言葉を発してしまうと、そんなつもりはまったくないのに誤解されたり、気がついたら距離を置かれてしまうということになるかもしれません。

気遣いは相手目線なので、それができる人はコミュニケーションもうまくいくはずなのですが…その違いを取り違えてしまうと空回りしてしまうことにもなります。

人によって捉え方や受け取り方が違うので、これが正解というのはありませんが、いつもの言葉にほんの一言添えるだけでも、受け取る方も気持ちは変わります。

気づかいを相手に心地よく伝えられるこころづかいができるようになると、人間関係はさらに良くなることでしょう。

黙っていても伝わらない 間違っても伝える勇気

お伝えしたいのは、遠慮せず「訊く&気持ちを伝える」ことによって相手にも喜ばれることや、問題が解決することによって自分もまたそれに係わるすべての人にも良い方向に向かうということです。

「良かったらこれをどうぞ!」
「なにかお手伝いすることはないでしょうか?」

なども状況によっては、相手に喜ばれ、感謝されることもあるでしょう。

わからないことをそのままにして、トラブルを起こしてしまうと、自分にもマイナスですし、周りにも迷惑をかけてしまいます。

恋愛においても、お互いに好きなのにせっかくの気づかいの “その一言” を伝えられずギクシャクしてしまったり、その繰り返しで気持ちがすれ違ってしまった…なんて悲しいですよね。

人とのコミュニケーションは、自分から踏み込んでいくことで、思いのほかスイスイ進んでいくこともありますから^^

相手を想うことなら、遠慮せずにどんどん声をかけてみましょう!

ただし、相手の嫌がることを押し付けてしまったり、お節介にならないことがベースにあることをお忘れなく!必ず状況判断をしてくださいね^^

きっとそのお相手との距離感もぐんと近くなると思います。

あなたのご健闘を祈ります!